海外からVPNを使ってみた時の落とし穴とオススメのVPNサーバーをまとめてみた

 

海外あるあるである日本のサイトとか動画が見れないってことよくあるんですよねー。

日本に住んでる人にはほとんどわからないことだと思います。日本のサイトって海外からのアクセスブロックがかなり多いです。その理由は、海外からのスパムや嫌がらせみたいなのが多いので、国外はまとめてブロックしちゃおう!って感じで国外からのアクセスブロックしてます。

特に多いのが、ドラマなどの動画などを視聴する時に海外からのアクセスブロックされてて見れなかったりします。アフィリエイトでも広告主サイトを見れなかったり、ヤフーの広告が見れなかったりします。

そんな時に役立つのが『VPN』ってやつなんですけど、VPNについて紹介していきたいと思います。

VPNってなんなん?

 

 

VPNを知らない人が多いでしょうし、知っていてもよくわからんもんを使えないって人多いと思います。

簡単に言うと、海外にいても日本からアクセスしてるようにできるものです。日本に限らず他の国からのアクセスにできます。

なんでこんなことをする必要があるのかというと、各国が海外からのアクセスをなんらかの理由でブロックしています。その理由は、自国を守るためと言うのが多いです。例えば、ティーバーを海外から見ようとしても「海外からの視聴はできません」と表示されます。しかし、VPNを使うと日本からのアクセスに変更するため、見れるようになります。

 

規制の厳しい国で言うと中国です。中国にいるとFacebookなどの海外発のSNSなどを規制して、中国内からのアクセスを完全にブロックしています。しかし、VPNを使うとアクセスできるようになります。

なので、日本に住んでいたらそんなにいらないものなのかもしれませんが、海外在住者にとっては必須アイテムだったりします。

海外から見れないサイト

主に人気があってなおかつ見れないってとこを紹介していきます。

  • Tver(ティーバー)
  • Hulu(フールー)
  • AbemaTV(アベマTV)
  • Netflix
  • U-next
  • dTV

だいたいこんなとこですよね。みなさんが主に見るとこは。

Tverは必須ですね!テレビを録画しなくても遅れて見ることができる時代になって、必須なサイトですね!

けどここに書いた6つのサイトは、残念ながら海外からでは見れません。(Netflixは日本コンテンツ)

Netflixはアクセスする地域によって、コンテンツを変えたり字幕など変えているので、もし日本のコンテンツが見たい方(テラスハウスなど)は日本からのアクセスにしとかないとダメです。

日本のサイトは次々に海外からのアクセスをブロックしていっています。その中でも、ティーバーはくせ者です。どんどん規制をあげて、ただ単にVPNを使うだけでは見ることができなくなってしまっています。IPというのが日本のものでないと見れないように、接続を国内限定に徹底的にしてます。

なので、今は使っているVPNでも使えたとしても、あとあと見れなくなる可能性が高いです。

ほんとに技術の進歩とともに便利になっていくものの、不便になってもいってます。海外在住者にしかわからん大きな悩みです。知り合いの日本人奥様方はみんなVPN使ってるそうですが、選び方が下手くそ過ぎて全然見れてないみたいですね(笑)

なので、オススメのVPNをご紹介しましょう!

VPNはどれを選ぶべき?

 

 

実はVPNには無料と有料のが2つあるんです。なら無料の方がええやんってなりますが、タダほど高いもんはないともいいますので、それなりの理由があります。2つとも良し悪しがあるので、自分にあった方を使いましょう!

 

無料のVPN

 

 

無料のVPNで有名かつセキュリティーが高いところでオススメのとこは『筑波大学VPN』です。

もちろん日本の動画サイトバッチリ見れます!

ここは筑波大学が運営しているVPNのサイトです。ここは、無料かつセキュリティーが高いことで知られています。大学の研究のために行われているため、無料なんですよ!他にも無料のVPNがあるんですが、信用性にかけるとこが多いので、筑波大学推しです!なぜなら日本びいきです。(笑)

筑波大学VPNを使うメリット
  1. 無料
  2. セキュリティ

何と言っても無料っていいですよね!大学の研究なんで非営利でやらないとダメらしいです。なので、無料なんですよ!なんのやらしいこともありません。とことんVPNを無料で使っている人がかなりいます。僕もよく使います。

セキュリティーはもちろん高めでないと、大学の恥ですからある程度は高めの設定になってます。もちろん筑波大学のVPNを使って悪さすると捕まりますよ!特定は簡単にできるし、警察の要望があれば情報はすぐに公開されます。

筑波大学VPNを使うデメリット
  1. プライバシー
  2. 不安定
  3. 設定がやや難しい

筑波大学のVPNの接続先は、いろんな人のボランティアによって提供されています。なので、不安定なのが1番のネックです。もし、いつも接続してるボランティアの人が辞めれば使えなくなり、接続先を変える必要も出てきます。

さらに、接続先のアクセスが多いと通信スピードも落ちるし場合によってはその接続先が落ちてしまうなんてことも!

接続したりしてもログが残り公開されているので、特定まではされませんがホームページに掲載されています。なので、ちょっとしたプライバシーにはかけるのかなと思います。しかし、安全のためにしていると思います。

あとは設定がちょっとややこしいです。もし、ご要望が多い場合は設定の仕方を説明しますが、ちょっとパソコンに詳しくないと挫折するかもです。実際はそんなに難しいことではないんですが、あんまり触りまくるのが怖いっていう方にはあまりオススメできません。

すごく便利なVPNを無料で提供してくれているので、そこらへんは文句言えまへんね。

有料のVPN

有料のVPNは正直数え切れないぐらいあります!その中でも、Tverなどが見れるのと見れないのがあります。そこんとこをちゃんとチェックしとかないと、せっかく金払ったのに、見れないとかお金の無駄ですからね!なので、そこんとこを含めて簡単かつ安全で低価格のものを紹介しときます。

それは、『インターリンクのマイIP 』です。

海外のVPNにも使えるとこがあるんですが、海外在住者の全員が英語を使うのが得意ではないので、日本語で使いやすいのにしときました。

とりあえず、なぜオススメなのかを説明していきます。

 

オススメの理由
  1. 低価格
  2. 使いやすさ
  3. セキュリティー
  4. 無料期間

まずは、低価格ってとこがええとこですね!月1000円なんですけどお得です!実際海外のVPNに比べるとちょっと割高になるんですが、日本語での対応がありがたいです!

使いやすさは、パソコンなら専用のソフトをダウンロードしたらすぐ使えます。設定は難しくないです。

もちろんセキュリティーは個別IPを振り分けてもらっているため、みんなに接続状況を見られることなく楽しめます。

なんといっても、無料期間が2ヶ月あるので試してみて気に入ったらそのまま使えばいいし、嫌なら解約したらいいので心配なく楽しめます。これの何がいいって、海外のVPNは解約するのにチャットやメールで英語のみの対応になるので、英語に自信のない方にはちょっと荷が重すぎると思います。

インターリンクのマイIPは簡単に解約できるのでご心配なく!

 

インターリンクのマイIPはこちら!

 

まとめ

 

 

VPNは海外在住者の為のものといっても過言ではないほど重要なんです。やっぱり海外にいるても、海外の番組はつまらないと感じる人が多数だと思います。日本人はどこにいても日本人なんでしょうね。日本の番組の方がおもしろすぎです。海外のギャグは理解できないです。

日本にいてもVPNを使う機会が出てくることは確かです。それは、海賊版漫画サイトの『漫画村』です。アクセスは日本からもかなりあったようで日本からのアクセスはブロックされています。なので、VPNを使えば見れちゃいます。ってな具合で日本に住んでる方でも、VPNを使う機会が増えてくると思います。

VPNを使うときの注意は、VPNを使う時だけオンにしてくださいね!そうでないと、携帯ではテキストが送信できないといった不具合もあるみたいなので、使うときはオンで終わったらオフを忘れずに使いましょう!