【経験談】カナダのワーホリの申請方法と入国前の注意点

 

ちょうど友達のワーホリの申請を手伝ったので、そのついでに詳しく何が必要か?どれぐらいの期間がかかったなどを書いてみることにしました!

ここをみている時点でワーホリのことを知っていると思います。そこで、気になるのは申請の仕方や申請書類の情報だと思います。しかし、ほとんどの情報はワーホリや留学を斡旋しているエージェントなどの情報です。なので、リアル感のない情報ですので、細かく本当に必要な書類や情報のシェアをしていきたいと思います。

カナダのワーホリ申請について

カナダのワーホリに興味がある方は、ワーホリビザを申請する時に自分でできるかな?とかエージェントに頼もうかなと思うことが多いと思います。代行申請も結構費用がかかり、安いところでも15000円ぐらいかかります。カナダにワーホリに行く前に無駄なお金を使わない方がいいですもんね!なので、だいたいの情報と自分でできるぐらいまでの情報をシェアするつもりです。

カナダのワーホリの申請時期は?

申請時期は特に注意した方がいいです。

来月行きたい!といきなり言っても、いけないことはないですがワーホリのビザをもらえるとは限らないので、カナダに行く前にワーホリビザを取ってから行った方がいいかもですね!

ではいつ申請をした方がいいのかというと、行きたい時期にもよるんですが毎年11月に次の年のワーホリがオープンします。その時から9月まで。つまり、

申請時期
11月〜9月までの間の10ヶ月間!

正確には7月ぐらいまでには申請しといた方がいいです。もし、人気な年だと4月ぐらいに定員いっぱいになってしまうことにもなりうるので注意が必要です!

なので、1月か2月には申請しときましょう!早く申請して大丈夫なのって方いるかもしれませんが、ワーキングホリデーのビザをもらってから1年以内にカナダにビザを持って入るとワーホリができるので、心配いらないです。

1度もらってから1年以内に行けなくて、また申請し直してももう2度ともらえません。1回きりなので、行くとちゃんと決めてから申請しましょうね!

 

どれぐらいカナダのワーホリの定員の枠があるか常にチェックできるんです!そのサイトを紹介しときます。

カナダ政府のサイト 英語なのでわからない人は下を参考にしてください。

Quota: 6,500
First round of invitations: November 20-24, 2017
Final round of invitations: To be announced
Invitations issued to date: 7,421
Spots available: 882 (この部分が残りの人数
Candidates in the pool: 108

 

ワーホリの必要書類は?

書類一覧
  • 家族構成フォーム(imm5707e)
  • パスポートのコピー
  • 証明写真
  • 申請料($250)クレジットカード必須!
  • 英語の履歴書
  • バイオメトリクス

どの書類にも言えることなんですが、保存するときの名前は、わかりやすいかつ英語で保存してくださいね!

例:imm5707e.pdf, passport.jpg, pic.jpg, resume.doc などなど

家族構成フォーム(imm5707e)について

これは、自分の家族の情報を書き込むところです。家族の情報とは言っても自分の情報と親の情報のみです。兄弟などの情報はいりません。

書き込み例も載せておきますね!

職業で会社員の場合は、 『Office worker』でバイトの配膳(ウェイトレス)なら『Server』などとかけます。

英語で住所を書く場合に、自動で変換してくれるとこがあります。こちらから変換してください!

 

パスポートのコピーについて

パスポートのコピーで気をつけないと行けないのは、自分の写真が載っているとこだけでなくスタンプが押してあるページを全てをスキャンして読み込んでください!

ここを抜けてると再提出が求められて、時間がかかったり場合によっては却下されたりします。

証明写真について

証明写真はパスポート用の写真を撮影して、そのあとその写真をスキャンして送ります。なので、アプリで撮影できるのとかあるんですが、心配な方は写真を撮ってからスキャンしましょう!

申請料について

申請料は$250です。招待が来た後にクレジットカードで支払わないといけませんので、クレジットカードを用意してお来ましょう!

英語の履歴書

僕の時はなかったんですが、今は履歴書も出さないといけないみたいですね!

もちろん英語で履歴書を書かないといけないんですが、書き方がわからないと思いますので、簡単なテンプレートを用意しとくので書き換えるだけで簡単にできるようにしときます。

英語の履歴書のテンプレート

バイオメトリクス

2018年12月31日以降に申請する人に新しくカナダのワーホリに追加された必要書類の1つになってます。

これは申請していく過程で、バイオメトリクスを申請するタイミングがあるので、順を追って申請してればわかります。しかし、めんどくさいのは東京のビザセンターまで行って『顔写真』と『指紋』を採取して申請しないといけいということです。

案内がきてから1ヶ月以内に予約をして、東京まで領収書と案内の紙をセットで持っていかないとダメですよ!ここ重要です!

なので、東京から遠い人は余計な手間と時間がものすごいかかるので注意が必要です!今では完全の予約制になっているので、事前の予約の準備も必要です!

名前:カナダビザ申請センター(VAC)/合同会社VFSサービシズ・ジャパン
ホームページ:ウェブサイトバイオメトリックスのページ
住所: 〒105-0014東京都港区芝1-4-3 SANKI 芝金杉橋ビ4F Google Map
アクセス: JR浜松町駅 / 都営大江戸線 大門駅A1出口より 徒歩約10分
営業時間:月曜~金曜日(祝祭日を除く)午前9時~午後5時
電話番号:0120-961-673
メール:info.cajp@vfshelpline.com
当日の持ち物4点:
(1)Biometric Instruction Letter(カナダ移民局から届いたレター)
(2)VFSグローバルの予約書(オンライン予約をした場合)
(3)料金を払った領収書
(4)パスポート

 

カナダのワーホリ申請の手順

 

 

大まかな流れはこんな感じです。

<strong>ワーホリ申請の流れ</strong>
  1. ワーホリ申請のためにアカウントを作る。
  2. ワーホリの申請をする。(抽選で候補者を選ぶからそのための抽選を申し込む。)
  3. 選ばれたら招待状が来る。
  4. 招待状から申請する意思があるとリンクをクリックする。
  5. 20日以内に、必要書類を提出。(この時に申請料とバイオメトリクス代を払う【クレジットカードが必要】)
  6. バイオメトリクスの予約と東京まで指紋と顔写真を撮ってもらいにいく。(1ヶ月以内)
  7. ワーホリのビザの許可証がもらえて、1年以内に入国する。

ワーホリ申請のためにアカウントの作成

アカウントの作成は少し厄介なんですが、落ち着いてやっていけば難なくこなせるぐらいです。他のサイトにめっちゃ詳しく書いてたりするので、詳細はググってみてください!

僕の方でももし要望が多かったら詳細を書きたいと思いますが、かなりの情報量になるので割愛させていただきます。

アカウントは主に、ユーザー名やパスワードや秘密の質問を入れるだけなので簡単です。

ちなみに秘密の質問はログイン時に何回も聞かれる可能性があるので、ちゃんとメモっておきましょう!

ワーホリの申請をする

カナダのワーホリは、一気に満員になることがほぼないので、だいたい毎年9月前ぐらいまでに申請しておけば大丈夫やったります。申請するのはworking holiday ではなく、International Experrience Canada に申請します。(ワーホリと同じで呼び方が違うだけ)

質問に答えていくと、最終的に何に申請したらいいか出て来ます。その時に、『International Experrience Canada』になっていなかったら何か間違えているので、最初から質問をやり直しをしましょう!

招待状を受け取る

メールでワーホリの申請していいですよっていうメールをもらいます。そしたら、ワーホリの申請をします。その時に、あなたは申請する意思がありますか?みたいなメールが来ますので、申請するか辞退するかというのがアカウントに出て来て、そこからどんどん書類を出していきます。

申請を完了させるのに20日以内に全部必要書類を出してください!

この時に申請料とバイオメトリクス代を払います。

バイオメトリクスを申請しに東京へ行く

これは、上の方で説明した通りです。なので詳しくはこちら

ワーホリのビザを取得!

ワーホリのビザを取得したら、1年以内にカナダへ入国してください!

入国の時にいるのは、

入国に必要なもの
  • パスポート
  • ワーホリのビザ
  • お金最低$2000以上
  • 海外旅行者用の保険1年分

この中でも特に必要になるのが海外旅行保険です!昔はいらなかったんですけど、今は絶対必要です!保険がないがために何人も帰らされた人がいるので気をつけましょう!!!

もちろんビザやパスポートも必須です!!